FC2ブログ
 
■プロフィール

Pochi

Author:Pochi
ニコン機片手に、主に近隣の小鳥の撮影を楽しんでいます。

■カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■リンク
「アカショウビン」撮り放題・・・ だったんだけど?
八東の「アカショウビン」の子育てもそろそろ終盤に入り、餌やりも頻繁に来るだろうとふんで天気予報とにらめっこしながら満員御礼となるのを覚悟で本日出かけました。
しかし昨日の午後辺りよりなんか様子がおかしいとのことで、なかなか来てくれません。それでもしばらく待つとメスが餌のカナヘビを咥えてやってきました。
まずは、いつもの飛び込み用の枝に留まります。

190706-4954.jpg

少し場所を移動して・・・。 Go!

190706-4991.jpg

その後、奥の枝に移動。

190706-5025.jpg

アレッ!

190706-5039.jpg

まったりと羽繕い

190706-5091.jpg

長時間の撮り放題タイムが終わった後、同じ枝にカエルを咥えたオスがやってきました。

190706-5190.jpg

本日は飛びものは一枚も撮れず・・・(涙)


使用機材:
・Nikon D5+AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR


アカショウビン | 16:59:55 | コメント(4)
条件悪くても「アカショウビン」何とかきれいに撮れないかと
八東の「アカショウビン」ですが行った日は梅雨空で条件が悪く、高ISO・絞れずでなかなかきれいに撮れませんでした。
手前に向かって来るのを狙うために、SSをどうにか1/1000としますがISO12800・F4.5です。

190628-4685.jpg

ちなみにこのシーンの飛翔はボツ!

今回の餌やりパターンの第一弾の留まり場所にカエルを咥えて来ました。
こちらはISO6400, F4, 1/640です。結構ザラザラでほとんどディテールがありませんね。

190628-4812.jpg

この位置より巣穴の近くにある第二の留まり枝(上の写真の枝)に留まってから巣穴に飛び込むのですが、この時はこの位置より10分経ち20分経てども他全く動きません。
そこでちょっとでもきれいに撮ってみようとISOを思いっきり下げてみました。しかしレリーズケーブルを使用しても通常の撮影方法ではミラーアップの振動でぶれそうです。そこで一旦プレビュー画面にしてマニュアルでピントを合わせ、ミラーアップ撮影をしてみました。これでISO200, F4, 1/20です。上のISO6400とは全く違います。

190628-4829.jpg

そこでさらにISOを落としてみます。ISO125, F4, 1/13です。しかしこのSSでは等倍で見るとわずかに微ブレを起こしているようです。

190628-4835.jpg

ちなみに上の写真は下記の写真を大トリしたものです。

190628-4825.jpg

そしてこの位置に来てから、何かに警戒しているのか1時間以上動きません。時間も時間になってきたので引き上げることにします。でもよくよく考えると、そこに「アカショウビン」が居るのに帰るって贅沢な話です。その後はどうなったかは分かりません・・・?


使用機材:
・Nikon D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR





アカショウビン | 21:59:28 | コメント(0)
雨の中の「アカショウビン」
先日(6/28)の八東ですが「アカショウビン」は早いと20分ぐらいで餌を持ってきますが、遅いと60分ぐらいの間が空きます。そこそこ餌やりのチャンスは有るとはいえ、日帰り訪問では回数が限定されます。
天気が良くなり明るくなれば少しでもきれいに撮りたいと思い、今回はD850も持ち込みました。しかし天気の回復は一時しか無くゴーヨンにD850を付ける余裕はありませんでした。その中でD850+サンヨンで数カット撮影したものです。
やはりサンヨンに1.7テレコンを入れると開放F値が6.7となってしまい、ISOも高感度にはある程度強いとはいえそれほどは上げられませんので当然SSは遅くなります。

190628-5799.jpg

190628-5813.jpg

上記はF6.7,ISO6400,1/800sですので、残念ながら被写体ブレが・・・、せっかく玉ぼけがきれいなのに(涙)
やはりレンズも全く違いますがD5のISO10000の方がこんだけ暗いときっちりしていますね。
では留まり物・・・、しかしISO6400ではディテールが・・・、ゲーテの最後の言葉「もっと光を!」

190628-5823.jpg

え~い、それでも飛び出しをがんばるんだぁ!

190628-5866.jpg

やっぱりアカン!

そうこうしているうちに昼からポツポツ来だし、そのうちにザァ~ザァ~降りになってきました。テント内に機材ごとに待機です。しかしそういうときに限って餌を運んで来るんです。
テント内からは全く見えない所にいたので、しかたなくD850+サンヨンで対処します。

190628-5874.jpg

190628-5883.jpg


使用機材:
・Nikon D850+AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II


アカショウビン | 16:16:21 | コメント(2)
やっと「アカショウビン」の雛が誕生したようで・・・!
前回、八東に行ったとき「アカショウビン」は例年より10日ほど早く、既に産卵中に入っており、そこより単純計算して先週の中頃には雛がかえるであろうと思いその場でバンガローを金~土で予約したのですが、昨日夕方に「八東ふるさとの森のスポット天気予報」を見ると金~土曜日と雨もよう。そしておそらく雛がかえったばかりなので餌運びも少ないだろうと思い一旦キャンセルを入れました。
しかし床に入る頃に再度予報を見ると金曜日は曇りに変わっています。朝起きて再度確認すると本日は曇りで明日は雨。
こうなったら日帰りに変更して八東へ向かいます。おそらく人も少ないだろうと予想して・・・。
道中は一時青空ものぞくほどだったのですが、駐車場に着く頃より雨模様。しかし今日の天気は上り坂傾向ですので焦りはありません。そして開門時間になると雨も上がってきました。
想像通りに人は少なく、好きなところにカメラをセット出来ます。しかし「アカショウビン」はなかなか現れず、最初のお出ましは1時間後でした。

190628-4498.jpg

いつものように巣穴に餌を持ち込みますが、今日はなんとか飛びものを狙おうとたくらんでいるのですが、曇りのためにシャッター速度が上がりません。F4解放にしてもISO8000~12800でやっとSSは1/1000sほどです。

190628-4500.jpg

190628-4524.jpg

時折、青空が出て日も差したりするのですが、なぜか「アカショウビン」が来るのは曇ってきたときばっかりです。

190628-4587.jpg

190628-4624.jpg

本当はせめて一段ぐらい絞り込んで、もう少しISO感度を落としSSは最低でも1/2000ぐらいにしたいのですが、今日の空模様では叶いそうにありません。
落ち込んでいても仕方ないので、場所を変えて今度は飛び込みを狙います。今日は人が少ないのでどのポジションからも撮影可能です。

190628-4639.jpg

190628-4640.jpg

190628-4648.jpg

190628-4654.jpg

190628-4668.jpg

190628-4671.jpg

もう1ヶ所、巣穴の飛び込む前に留まる枝からの飛び出しを狙ったのですが、そこで構えていたときは雲が厚くなり2回チャンスがあったのですが全てボツ・・・(涙)
明日からの10日間予報を見ると晴れの日は無いみたいで人もどんどん増えていくでしょうから、今季の訪問は今日が最後になりそうです。

使用機材:
・Nikon D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

アカショウビン | 22:20:26 | コメント(0)
ここでは久々の「アカショウビン」
先日お山で「サンコウチョウ」にフラれ、場所を変えて「キビタキ」ねらいに切り替えてポイントへ行くと「サンショウクイ」が飛び回っており、しばらく「サンショウクイ」と遊んでいると、ちょっと遠くの方へ行ったタイミングでしたの方より「アカショウビン」の囀りが・・・。
急いで降りていくと、皆さん結構撮られたようで「来るのが遅いわ・・・!」と言われガッカリ・・・(´・_・`)
次があるだろうと期待して待っていると、鳴き声が近づいて来てそちらの方向を探していると何やら水浴びをしたもよう。羽繕いしているところは確認出来て撮ったのですが、もろ逆光でボツ!
その後どこへ行ったかは不明。
イヤイヤまだチャンスはあるだろうと待っていると、45分ほどした頃に少し離れた所で鳴き声。急いで行くと先着のCMさんは一生懸命シャッターを切られています。場所を教えて頂き慌ててシャッターを切りますが、ちょっと遠いしゴチャゴチャで証拠写真。

190609-3604.jpg

190609-3627.jpg

そしてここより飛び立ち、飛んだ方向を見ると杉の木の先に留まっているのが確認出来ましたが、身体半分しか見えません。

190609-3645.jpg

これでは絵にならない(貼り付けましたが・・・)ので、右側が空いているのを確認して移動。「アカショウビン」も少し動いたのか分かりませんが全身が見えます。しかし右手前の杉の木が大きくぼけてジャマ。

190609-3674.jpg

190609-3682.jpg

横を見るとまだ右側にはCMさんが居ないのでさらに移動。やっとすっきりしたところが確保できました。

190609-3691.jpg

190609-3695.jpg

この後下に降りて餌をゲット。飛び上がった方向を確認してそちらに行くと枝に留まって何かを飲み込む所を確認出来ましたが、まだカメラをセット出来て無くてお食事シーンは撮れませんでした。

190609-3716.jpg

食事シーンを撮られたCMさんにモニターを見せてもらうとカエルだったようです。ここのカエルは天然記念物のため捕ってはいけないのですが・・・(^∇^)
こちらの森で「アカショウビン」を数年ぶりに撮影出来ました。昨年は目の前に留まったのですが、ほんの一瞬でただただ「アッ!」で終わりでした。

使用機材:
・Nikon D5+AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR+AF-S TELECONVERTER TC-14E III


アカショウビン | 21:23:46 | コメント(2)
次のページ